貴方が慰謝料を請求する場合

不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を請求する場合には、尚更念入りに、相手への調査が必要ですし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を手に入れなければ駄目です。
それには探偵の浮気調査が有用で、探偵は貴方の期待に応え、ぐうの音も出ない形で、鮮明に写しだしてくれるでしょうし、適切な形で裁判にでも通用するように、貴方の手に届けて貰えるでしょう。
自ら動くより、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。探偵に依頼すると、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。
自分がわけもわからず手当たり次第に調べても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。
しかし、相手に問い詰めても「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。
有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。
興信所と探偵事務所の違うところですが、変わりはほとんど無いと言っても言い切れます。
双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような仕事内容は類似しています。ただ、違いをあげるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。
妻又は夫が浮気していることが明らかになっても夫婦生活を続けていきたいのであれば浮気現場を押さえようとすることはやらないほうが無難です。浮気が発覚したことで配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、元の関係に戻ることができなくなってしまうかもしれません。しかも、浮気相手に直接関わった結果、精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。
まず探偵について見てみるならば、人に怪しまれることのないようきめ細かく配慮しながら地味にコツコツと調査していきますが、興信所が依頼されるのは身辺調査や企業調査が多いので、自分の目的を話して公然と調査を行うことが多いです。
探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、他方、情報を収集するような調査は興信所が得意と、おおまかには考えられます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ