慰謝料は少しでもたくさん取りたい

離婚を覚悟の上で、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。
けれども1人で踏み込むと、さらに揉める可能性が高いので、避けるのが賢明です。信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。
信じて頼れるような人がいないなら、探偵等に依頼すると良いです。どうしても探偵を雇うと料金が高いので、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。
難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、予想外の出来事が出てくるのが実際で相手に違和感を感じさせなく、尾行するのはとても技術がいるでしょう。
勘付かれれば警戒をされるものなので、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。誤魔化せない証拠を掴みたいなら、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行ってとんでもない修羅場になってしまうのは、ドラマのシナリオでもお馴染です。妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、殺人にまで到ってしまうサスペンスドラマも少なくありません。配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのも方法としてアリです。
別れるつもりがあるならば、試してもいいと思います。結婚した人の不倫を調査を探偵や調査員のようなプロに依頼する際は、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間を契約を交わす前に取り決めます。探偵の時給の相場は、1万円以上ですから、調査が長期になれば調査料金が高くなります。
探偵事務所によっても、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。
本人が知らないうちに、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、必要となる機材や技術があります。
浮気の現場をカメラにおさめても、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは証拠とは認められません。
探偵なら浮気調査をする場合、用途に適するサイズのカメラも用意し相手が知らない間に顔がはっきり判る写真を撮ることができます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ