自分の結婚相手の浮気が発見された時

調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発見された時、離婚するか気づかないままにするのか選択に困りますよね。
まずは落ち着いて、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、自分の損得を考えるのが先決です。
法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。
浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。
でも、探偵へ依頼すると調査料金も安くはないですから、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。
探偵に浮気の調査を頼んだら、必要となるお金はどのくらいになるのでしょう?探偵事務所の違いで料金はまちまちなので、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。探偵に浮気調査をお願いして、しっかりとした確証が得られれば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。
相手が信頼できなくなってしまったら人生を一緒に歩むのは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を請求したならば二人が別れることは間違いないでしょう。プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。特にお子さんがいらっしゃる場合、浮気をした、されたといってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。
養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。
男手一つで育てることも、また同様に仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。
浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」です。
実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査員の食事代が足されるケースも少なくありません。
一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用を算出します。
短い期間で浮気調査を終えると請求金額も少ないです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ